スケジュールをエクスポートする

スケジューラに登録されている全ユーザーの保存されている過去のスケジュールと来月以降のスケジュールを、月単位でCSVファイル形式でエクスポートします。

step1 グループウェア画面を表示し、「スケジューラ管理」→「スケジュールのエクスポート」の順にクリックします。

※グループウェア画面の表示方法→「管理者メニューの画面説明」

スケジュールのエクスポート画面が表示されます。

step2 「対象月」を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

※選択できる対象月は、スケジュールの保存期間設定機能で設定した年数によって異なります。
保存期間を「1年」と設定した場合、1年前の同月までと、来月以降から選択できます。
<例>
2016/11/15が当日の場合は、2015/11~2016/11と
2016/12~が選択できます。

ファイルのダウンロード画面が表示されます。

step3 「保存」ボタンをクリックします。

名前を付けて保存画面が表示されます。

step4 任意の場所に保存します。

step5 保存したファイルを開くと、その内容が画面に表示されます。

登録先 登録先(ユーザー名)が表示されます。
開始日 スケジュールの開始日が表示されます。
開始時刻 スケジュールの開始時刻が表示されます。
終了日 スケジュールの終了日が表示されます。
終了時刻 スケジュールの終了時刻が表示されます。
分類 スケジュールの分類が表示されます。
予定 スケジュールの内容が表示されます。
備考 連絡事項が表示されます。

ポイント非公開のスケジュールの場合

ユーザーが「非公開」で登録しているスケジュールは、「登録先」「開始日」「開始時刻」「終了日」「終了時刻」がエクスポートされます。「予定」には「(予定あり)」と表示されます。